戻る

2012.3.21 第82回例会



イオンモール水戸内原にて第82回の例会を実施いたしました。参加者は順不同で、Bさん、NEZさん、イムさん、Yさん、poohさん、私shadowの計6名でした。kazutakaさんは初参加となります。ありがとうございます。いつも通り記憶に頼っていますので、「他にこんなのもやったよ」というのがあればご連絡下さい。
今回も、マジックショーを披露しました。
マジックショーはいつも通りの1Fのレストラン街の中央で行いました。いつもながら人通りが少ない感じでしたが、いつの間にか人が集まっていて、それなりに盛り上 がったと思います。NEZさん、私shadow、Bさんの3人が演じました。


(クリックで拡大表示)
写真の通りの状態で、今回もいつの間にやら人が集まっていてちょっと驚いたくらいです。小さい子供が多く、ちょっといつもと違った雰囲気でしたが、反応のいいお客さんも多く、雰囲気は良かったと思います。今回もショーの動画撮影はできなかったので文章のみとなります。
トップバッターはいつも通りNEZさんです。いつも通り、通りがかった人をうまくNEZさんがつかまえてショーを始めることができました。いつもながら、始めてしまうと、いつも通り、いつの間にか人が集まってました。
基本的にはいつもの手順で、まずはカードマジック。続いて、これも定番のフォーク曲げです。観客が多いので見せ方に工夫が必要ですが、動き回りながら、現象をうまくアピールしていい感じで受けてました。
2人目が私shadowです。今回もいつも通りのネタをやらさせてもらいました。Wワレットwith紙幣キットとサイドウォークシャッフルとチョップカップです。やり慣れているネタですし、まずまずだったかと思います。ただ、若干、サイドウォークシャッフルの受けが微妙だった気がします。勘の良い人なら現象を先読みできるのは想定の範囲内のはずが、そこからうまく受けるようにもっていけなかったように思います。
トリはいつもながらBさんです。Bさんもいつも通りのスポンジボールとリンキングリングを演じました。スポンジボールはお客さんの反応に個性があり、それに合わせてうまく演技を進めている辺りはいつもながらさすがだなと思いました。リンキングリングもいつもながらいい反応で受けてました。

例会はいつも通り、会議室をお借りしてやりました。広い会議室をのびのびと使わさせて頂きました。が、すいません、また写真撮り忘れました。毎度本当にすいません。
いつものことですが、私の記憶している範囲で書いておきます。補足ありましたら、よろしくお願いします。今回も固定カメラで撮りっぱなしにしました。で、今回も、やっぱり動画の内容が膨大になっていて整理しきれない状態になってます。順不同で、適当にピックアップして紹介します。


(クリックで拡大表示)
Bさんのウォンドマジックです。と言っても使っているのはマジックペンですが。来月の例会に備えて(?)というところでしょうか。この手のマジックは妥協を許さないというか、いかにきれいに演技できるかが重要で「容易ではないな」と改めて思いました。その点Bさんの演技はさすがというかきれいでした。


(クリックで拡大表示)
Bさんのコインマジックです。まずは「練習中」とのことですが、トミーワンダーのコインズアクロスです。トミーワンダーらしい、演出がきれいで無駄のない手順で私も練習しようと思いつつ手がついてないマジックです。練習中ということですが、さすがに基本技法はきれいで、あとは手順を体で覚えるところまでいけば完成しそうに思えました。お見事です。


(クリックで拡大表示)
さらに同じくコインボックスを使った手順です。現象としてはオーソドックスで例会の中ではよく演じている手順ですが、ところどころ「難易度高いなあ」と思う技法を使っていてさすがでした。


(クリックで拡大表示)
イムさんのちょっと変わったカード当てです。写真でもわかるかと思いますが、タブレットが当てるカード当てです。本来はノートPCでやるそうですが、タブレットでも動くところが面白いと思いました。NintendoDSの「マジック大全」にも同じようなマジックがありますが、画面が小さいですし、こちらの方が使い勝手は良さそうに思いました。


(クリックで拡大表示)
売りネタ「血液型占い」のイムさんオリジナル手順です(まあ、手順というが原理自体は既知のものですが)。元々の現象は「フリーチョイスのB'Wave」という感じでそれを血液型という演出にしているのですが、それをイムさんなりにやりやすい手順で構成したとのこと。元の手順を私は知らないので、元の手順と比べてどうなのかはわかりませんが、十分面白くて不思議でした。「血液型」という演出がコミュニケーションとして使いやすく、いいマジックだと思いました。


(クリックで拡大表示)
続いてイムさんのカラーチェンジングデックです。現象としては言葉で表現すると通常のカラーチェンジングデックと同じで「選んだカード以外の裏の色が変わる」んですが、それが非常に楽にできるように工夫された手順でした。「そのオチは予想してなかった」的なマニアにも受けそうな手順でした。


(クリックで拡大表示)
Yさんお得意の手作りギミックによる「動くコイン」です。売りネタでもありますが、ペンの上に置いたコインが動いて落ちるというマジックです。それを自作するのですからさすがです。実のところ調整(という表現が正しいのかよくわかってませんが)がまだ必要そうでしたが、完成度が高まるのを期待しています。


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)

さて、今回も遠慮のない私shadowがあれこれと。正直、今回もほぼ新ネタはない状態なのですが、「最近気になったネタ」を中心にあれこれやりました。順に「Oil & Water」、「森下宗彦のエース・オープナー」、「エースアセンブリ」、「MATRIX POKER」です。他にも細々とやったのですが省略します。
あまり補足説明はいらないかと思いますが、「森下宗彦のエース・オープナー」はTVでカズ・カタヤマ氏がやっているのを見て、「松田道弘のクロースアップ・カードマジック」を読み返して試しにやってみました。動画で見ても、どう見ても「まだまだ」で実演に堪えれるレベルではなかったです。やはり難しいですね。でも、本を読んだときには「こんなの絶対無理」と思っていたのがTVとは言え、実演を見るとやってみる気になり、練習すればできそうな気がするのはいい刺激を受けたと思います(現実は厳しいですが)。「エースアセンブリ」は大変大胆な手法を使うので、動画でどう見えるのか試してみただけですが、動画だと成立してそうです。ただ、生で見せるには距離が厳しいので、条件が整わないとやらないと思います。「MATRIX POKER」は売りネタで原理は古典なのでマニアにはまったく不思議ではないのですが、この手順はオチがあって面白いと思い買ってみました。個人的には気に入ってます。問題は16枚のカードを広げると写真のように広い場所が必要なことでしょうか。テーブルホッピングとかだと厳しそうです。
今回も参加人数が多く、パラエティに富んだマジックが見れる、楽しい例会になったと思います。やっぱり人が増えるのは楽しいです。いい感じに盛り上がって楽しめたと思います。
今回はカメラに映らないところであれこれやったので、写真は少ないですが、内容は盛り沢山でした。今回も気がつけばあっという間に時間が過ぎてました。
マジックショーで演技した皆さん、例会に参加した皆さん本当にお疲れ様でした。


気軽にメイル下さい



TOPへ