戻る

2012. 3.18 TASゼミナール



今年もTASゼミナールさんのイベントに招待され、マジックを披露してきました。参加者は順不同で、イムさん、umeさん、Bさん、shadowの4名でした。4名で1時間はまあ、どうにかなるかなという感じで、いつもながらのノリの良さに助けられ、いい感じのショーになったかと思います。
もはや好例行事という感じで、毎年呼んで頂いています。毎年依頼されるのに、先生方以外は毎年新しいお客さんという非常に恵まれた環境で、やりやすくて非常に助かります。さすがに去年は震災の影響で行えませんでしたので2年ぶりのショーとなりました。


(クリックで拡大表示)
以下の写真は動画から抽出してます。今回もカメラマンがいなかったので、三脚に固定しての撮影です。ですので、カメラアングルは適当です。ご了承下さい。代わりと言っては何ですが、今年も写真多めでお届けしたいと思います(画質が悪くて、結局何をやっているかよくわからないというのは多いのですが)。


(クリックで拡大表示)
いつも通り、オープニングはBさんにお任せしました。まずはつかみに、カメレオンシルクです。鉄板ネタでオープニングのつかみとしてはばっちりな感じでした。


(クリックで拡大表示)
続いて、イムさんのカードマジックです。難易度の高いマジックに挑戦し、ちょっと失敗はあったものの、最後はステージに上がった人だけが訳が分からず不思議に思う(見ている人にとってもそれはそれで不思議なのですが)タイプのマジックを演じて大きな笑いが起きてました。


(クリックで拡大表示)
3番手はumeさんです。バリエーションに富んだ色々なコインマジックを見せてくれました。生徒さんは床に座っている人もいたため、テーブル上でやるわけにもいかず、苦肉の策で床にマットを置いてやってみたりしているところです。
まずはグラスを使って、コインスルーザグラスと、コインズトゥグラスを演じているところです。グラスに当たるコインの音がいい感じで、音がするたびに反応がありました。


(クリックで拡大表示)
次は何て言いんでしょうか。ハンギングコインをやりつつ、3FLYの現象も入れたという感じでしょうか。きれいにコインが消えたり、移動するところで歓声が上がっていて見事でした。


(クリックで拡大表示)
コインマジックではあまり見ない現象だと思うのですが「シックスカードリピート」ならぬ「3コインリピート」です。現象の名前の通り、何度ポケットにコインを入れても手元のコインは3枚という、umeさんのオリジナル技法(だと思っているのですが)をうまく使ったマジックです。ちょっとしたアクセントにいいマジックだと思いました。


(クリックで拡大表示)
で、3枚のコインがいきなり1枚になったという流れでワンコインルーティンです。ワンコインルーティンはごまかしがきかないというか、マジシャンの腕がはっきり出てしまうものですが、非常にきれいな現象で現象が起きるたびに「おぉ」という反応がありました。


(クリックで拡大表示)
ワンコインルーティンでジャンポコイン出して、それを使いつつ、ライターを曲げてます。ある意味、ちょっとしたギャグですが大受けでした。


(クリックで拡大表示)
最後にハンカチを使ったジャンポコインマジックをやりつつ、写真の通りピンを出して終わり。さすがに大歓声でした。全体を通してきれいなルーティンだったと思います。お見事です。


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)



(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)



(クリックで拡大表示)
4人目が私shadowです。時間を結構もらえたので、毎度ながら遠慮なくメンタルマジックを連発していました。演じたのは「フリーダイヤル」、「MindCamera(iPadで)」、「クロノログ」、「テクニカラーバンクナイト」、「Giant B'Wave」、「フォーシングパッド」です。詳細は省略。詳細は(というほど詳細には書いていませんが)拙ブログの方に書いてありますのでそちら参照下さい。課題もありますが、まあ、想定通りの反応をもらえてまずまずだったと思います。


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)
トリは今回もBさんです。いつもありがとうございます。大トリの前にコリをほぐすエクセサイズに見せかけたマジックです。前半は本当にエクセサイズですが、難度の高い動きや、見た目に気持ち悪い指の動きとか、本当に指や手の動きだけで会場を湧かせていたのはさすがでした。で、最後にマジシャンと同じようにはできないというタイプのマジックを。正直余り気味だった時間をうまく使って、その辺りの臨機応変さがすごいと思いました。


(クリックで拡大表示)
続い「残念でした」です。サッカートリックで、観客とのやりとりが楽しいマジックでいい雰囲気で演じてました。ただ、生徒さんが中々気がついてくれないというか「あれ?」という突っ込みが入るまで時間がかかり、そこはやりにくそうでした。そこに気がついてくれないと無理矢理先に進んでも効果半減ですからね。最終的にはオチも含めていい感じで盛り上りました。


(クリックで拡大表示)
そして我々にとってはおなじみのスポンジボールです。やっぱり鉄板ネタですね。いつもながらお見事で、受けも良かったです。


(クリックで拡大表示)
そして今回の大トリは、完全に定番のBさんのリングです。いつもながら見事さでした。我々は見慣れていますが、初めて見る人には不思議できれいなマジックだろうと思います。


(クリックで拡大表示)
ショーが終わってから、今年もTASゼミナールの皆さんと記念写真を撮らさせて頂きました。デジカメを忘れたので携帯電話のカメラで撮ってもらったので画質悪くて申し訳ないです。いつも思うのですが、非常に雰囲気の良い塾で、生徒さん皆さん、先生も含めて、仲が良いですし、いい雰囲気の塾だなと思います。今年もとっても楽しくマジックショーをやらさせて頂き、大変感謝しております。
今回が5回目のご依頼ということで、大変ありがたく思います。主催者の方には準備から色々お世話になりました。お土産まで頂いてありがとうございました。
お客さんにも楽しんでもらえたようでほっとしました。
非常にいい反応のお客さんのおかげもあり、ショーとしては大成功と言える結果だったと思っております。人数が多く、広くバリエーションを持たせることができたのも良かったと思います。
出演して下さった皆さんお疲れ様でした。


気軽にメイル下さい



TOPへ