戻る

2012.1.21 第79回例会



イオンモール水戸内原にて第79回の例会を実施いたしました。参加者は順不同で、Bさん、NEZさん、Yさん、owlさん、イム、ごちゃぺ克彦さん、poohさん、私shadowの計8名でした。owlさんとpoohさんは初参加となります。owlさんは遠くからありがとうございます。参加者が増えるのは大変ありがたいし嬉しいと思っております。いつも通り記憶に頼っていますので、「他にこんなのもやったよ」というのがあればご連絡下さい。特に今回は2ヶ月以上たってから書いてますので正直、ほぼ覚えていません。かろうじて撮影した動画から何をやったかわかる程度でして。その分、写真多めにします。
今回も、マジックショーを披露しました。
マジックショーはいつも通りの1Fのレストラン街の中央で行いました。いつもながら人通りが少ない感じでしたが、いつの間にか人が集まっていて、それなりに盛り上 がったと思います。NEZさん、私shadow、Bさんの3人が演じました。


(クリックで拡大表示)
写真の通りの状態で、今回はかなり盛況でした。かなり雰囲気は良かったと思います。今回もショーの動画撮影はできなかったので文章のみとなります。
トップバッターはいつも通りNEZさんです。いつも通り、通りがかった人をうまくNEZさんがつかまえてショーを始めることができました。
基本的にはいつもの手順で、まずはカードマジック。続いて、これも定番のフォーク曲げです。観客が多いので見せ方に工夫が必要ですが、動き回りながら、現象をうまくアピールしていい感じで受けてました。
2人目が私shadowです。すいません、何をやったのか覚えていません。いつものネタに間違いないのですが、その内でどれをやったのか。最後がいつも通りチョップカップだったのは間違いないのですが。
トリはいつもながらBさんです。Bさんもいつも通りのスポンジボールとリンキングリングを演じました。スポンジボールはお客さんの反応に個性があり、それに合わせてうまく演技を進めている辺りはいつもながらさすがだなと思いました。リンキングリングもいつもながらいい反応で受けてました。

例会はいつも通り、会議室をお借りしてやりました。広い会議室をのびのびと使わさせて頂きました。が、すいません、また写真撮り忘れました。毎度本当にすいません。
いつものことですが、私の記憶している範囲で書いておきます。補足ありましたら、よろしくお願いします。今回も固定カメラで撮りっぱなしにしました。で、今回も、やっぱり動画の内容が膨大になっていて整理しきれない状態になってます。順不同で、適当にピックアップして紹介します。


(クリックで拡大表示)
今回も初参加の方がいるということで、新ネタと「よくやる定番」織り交ぜながらという感じでした。まずはBさん。写真はジャンポコインを使ったマジックをやっているところ。「ジャンポコインは普通出したところで終わりで、それを使ってさらに何かやるというのはマニア向け」とは本人談。


(クリックで拡大表示)
続いて「マギーBOX」です。さすがのクオリティで道具として見た目がいいですね。ギミック自体もある意味とってもダイレクトですが、そうと気付かせない精密さが、よく出来たギミックだと思いました。


(クリックで拡大表示)
Bさんのマジックとしては定番の4枚のコインの消失と出現です。いつ見ても鮮やかです。


(クリックで拡大表示)
ちょっと新ネタで「コンフェティ・シューター」です。写真ではわかりにくいですが音とともに紙吹雪が出るギミックです。不思議かどうかはおいておいて、気持ちいいというか楽しい道具だと思います。演出としても効果的ですし。


(クリックで拡大表示)
久しぶりに参加のごちゃぺ克彦さんです。基本的にコメディタッチのマジックをやられるのですが、まずは写真はナイフスルーコートを演じているところです。現象自体、十分不思議なのですが、この手のネタはさらに演出も凝ることができて、場を盛り上げやすい、いいマジックだと思います。


(クリックで拡大表示)
続いて「マギーダイス・レインボー」です。色が次々変わるマジックです。このネタは角度の問題があって、演じる場所を選ぶのですが、写真のような状態であれば十分で、意外性があって面白いマジックだと思いました。


(クリックで拡大表示)
マジシャンには定番とも言えるギミックデックを使ったカード当てです。


(クリックで拡大表示)
名作をして知られるテンヨーの「魔法のマスターキー」です。私も一時期好んでよく演じてました。簡単にできて大変不思議に見える、本当に名作だと思います。


(クリックで拡大表示)
こちらも久しぶりに参加のイムさんです。マニアにも不思議に見えるカード当てを見せてくれました。何度か失敗したのはご愛嬌ということで(どうやって当てているのかわかっていませんが、難しそうでしたし)。


(クリックで拡大表示)
続いて、やっぱりマニアにも不思議なカード当てです。写真のように5つの山を作ってから当てる現象で、現象そのものが見たことなく、かなり不思議でした。


(クリックで拡大表示)
パケットトリックで4枚のQのツイスティング現象です。怪しい動作がなくシンプルで不思議でした。


(クリックで拡大表示)
マニアにとっては定番を言えるリセットです。リセットは人によって手順が違うので見るだけで色々参考になります。この後「マニア向けの手順」も見せてくれました。そちらは本当いんマニアックでした。


(クリックで拡大表示)
Oil&Queenを簡略化した手順を見せてくれました。オチが強力なマジックなので、こういう簡略化の仕方もありなのだなと参考になりました。


(クリックで拡大表示)
初参加のowlさんです。まずは挨拶代わりに古典的なカードマジックを見せてくれました。観客がカットしたところのカードを当てる手順です。マニア受けはしないマジックですが、簡単にできて効果的なマジックだと思います。


(クリックで拡大表示)
スマートフォンとダイサイファーを組合せた手順です。このアプリは私も使ってますが、応用範囲が広く使い勝手がいいですね。それをダイサイファーを組合せるのは興味深い手順だと思いました。


(クリックで拡大表示)
元々はpoohさんが持ってきていたパケットなのですが、NEZさんが教えたマジックということで、手順の確認がてらNEZさんが見せてくれました。写真の通り、かわいい熊のパケットトリックでカード構成がシンプルな割には現象が多彩で面白いパケットトリックでした。


(クリックで拡大表示)
ちょっと写真ではわかりにくいですが、Yさんのガラスを使ったカード当てです。ガラスに選んだカードが浮かぶという現象で、現象が分かりやすくて不思議に見えるいい道具だと思います。


(クリックで拡大表示)
さらに「フラッシュバック」を見せてくれました。意外な現象が次々起きる面白いパケットトリックだと思いました。


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)



(クリックで拡大表示)
で、初参加の人もいることで、いつもの定番ネタと新ネタを織り交ぜつつ、私shadowがいつもいながらあれこれと。順に「マイクロサイキック」、「NAME MY CARD」、「Duplicity(iPadアプリ)」、「Heirloom Walletを使った予言」、「It's a Match」です。他にも細々とやったのですが省略します。
「NAME MY CARD」は定番のギミックデックを使った1手順です。「Heirloom Wallet」は色々な使い方ができる財布ですが、最もダイレクトな使い方が予言かなと思います。あとは特筆すべきものはないと思います。売りネタですし。
今回も初参加の人がいて、久しぶりに参加してくれた人もいたこともあって、久しぶりに、かなりいい感じに盛り上がったと思います。
今回も気がつけばあっという間に時間が過ぎてました。
マジックショーで演技した皆さん、例会に参加した皆さん本当にお疲れ様でした。


気軽にメイル下さい



TOPへ