戻る

2011.4.16 第70回例会



イオンモール水戸内原にて第70回の例会を実施いたしました。3月の例会は震災の影響により実施できませんでしたが、今月は無事に実施できました。こういう世間的に暗い雰囲気のときこそ、マジシャンはエンターテイメントを提供しないといけないと思ったりもしております。参加者は順不同で、NEZさん、Yさん、umeさん、私shadowの計4名でした。いつも通り記憶に頼っていますので、「他にこんなのもやったよ」というのがあればご連絡下さい(しかも1ヶ月も遅く)。
今回も、マジックショーを披露しました。
マジックショーはいつも通りの1Fのレストラン街の中央が立ち入り禁止ということで(まだまだ震災の影響は残っているのです)、なんとメインステージを使わさせて頂きました。メインステージ前に椅子を並べて頂き、完全に「ショー」の形でした。しかし、申し訳ないのですが、そのレアな状態の写真が撮れませんでした(慣れない場所で準備にバタつき…)。NEZさん、私shadowの2人が演じました。
というわけで、写真がないのですが、下の演技の写真から何となく雰囲気が伝わるといいなと思います。最初は椅子に誰も座ってないし、近くのテーブルには人がいるのでテーブルホッピングにしようかという話もあったのですが、迷っているうちに椅子に人が座り始めたので、ほぼいつもの手順でショーを始めました。ただ、ピンマイクがなく(お願いすればあったらしく失敗しました)、マイク無しとなり、そこが辛いところでした。最終的にはほぼ満席状態で予想以上に人が集まっていい感じでした。


(クリックで拡大表示)
トップバッターのNEZさんです。基本的にはいつもの手順で、まずはカードマジック。2段の現象のあるサンドイッチ現象のマジックを演じました。やっぱり2段目はインパクトありますね。続いて、これも定番の写真のフォーク曲げです。観客が多いので見せ方に工夫が必要ですが、動き回りながら、現象をうまくアピールしていい感じで受けてました。。


(クリックで拡大表示)
2人目が私shadowです。今回は出演者が2名なので、時間があったのですが、基本的には定番ネタで手堅くいきました。最初はいつもの「サイドウォークシャッフル」。続いて毎度おなじみの「クロノログ」。その次は最近お気に入りの「アァ・プレディクション」。そして、最後に写真のこれもいつものチョップカップ。少なく数えても反省点が3箇所ある演技になってしまいましたが、いつもと違って、完全にショー形式になっていたことに救われたような気がします。毎回何か問題があるというのは本当にいつ解消されるのか、よく反省したいところです。たいていは「油断」が原因なんですよね。

例会はいつも通り、会議室をお借りしてやりました。広い会議室をのびのびと使わさせて頂きました。が、すいません、また写真撮り忘れました。毎度本当にすいません。
いつものことですが、私の記憶している範囲で書いておきます。補足ありましたら、よろしくお願いします。今回も固定カメラで撮りっぱなしにしました。で、今回も、やっぱり動画の内容が膨大になっていて整理しきれない状態になってます。順不同で、適当にピックアップして紹介します。


(クリックで拡大表示)
umeさんのカードマジックです。基本的にumeさんはコインマンなのですが、「アッシャーツイスト」を見せてくれました。知っている人は知っている通り、角度が気になるマジックですが、少なくとも動画で見る分にはきれいで鮮やかなマジックでした。


(クリックで拡大表示)
そしてumeさんの本領発揮とも言えるコインマジックです。まずはコインスルサハンドです。やはりコインの扱いがきれいで、鮮やかですね。シンプルな現象ですが、タイミングよく立て続けにやることで、いい感じのマジックになっていると思いました。


(クリックで拡大表示)
umeさんは、他にもコインズアクロスをいくつかと、ワンダラーでのテンカイペニー等、マニアックではありますが、一般の人にも受けるであろうマジックをいくつか見せてくれました。写真はコインズアクロスです。始めてこの技法見ましたが、非常に説得力があるのに驚きました。いい勉強になります。クライマックスで意表を突かれて、本気で驚きました。練習と研究の成果がにじみ出ていると思いました。コインマジックは練習あるのみですからね。お見事でした。


(クリックで拡大表示)
Yさんです。基本的な現象はおさえつつ、意表を突いたマジックを見せてくれるので楽しいです。写真は「ツイスティング・ジ・エーセス」と見せかけてオチを変えたマジックです。ある意味「マニア受け」かもしれませんが、かなり意表を突けるので、プレゼンテーションをしっかりすれば普通に受けるマジックだと思いました。サッカートリック風にやるか、何か演出をつけるか。大変興味深かったです。


(クリックで拡大表示)
続いてYさんの「4枚のKが4枚のAに変わる」マジックです。Yさんのすごいところは必要なギミックカードを自作しているところです。このマジックは正直ギミックカード使ってますが、商品として売れそうなくらい出来がよく使い道が色々ありそうなギミックカードでした。さらにギミックだけでなく、手順もうまく構成されていて、そこも素晴しいと思いました。


(クリックで拡大表示)
さらにYさんのOil&Waterです。これも正直なところ、ギミックなのですが、これを自作というのもすごいと思いました。ほぼセルフワーキングでクリーンにOil & Waterの現象を起こせるので使い勝手の良いギミックだと思います。


(クリックで拡大表示)
NEZさんのカードマジックです。現象としてはほぼ定番マジックである「ブランクデック」なのですが、仕掛けや手順が違っていて、面白いマジックだと思いました。何より「新品のデックを開けたところ」という始まりが、演出として面白く、興味を引く見せ方だと思いました。


(クリックで拡大表示)
さらにNEZさんのカードマジックで、現象としては「コレクター」です。厳密な意味では「3枚のカードを当てる」という現象ではないので、コレクターとはちょっと異なりますが、印象としてはコレクターに近い印象を与えられると思います。コレクターはその現象から、ポイントとなるのは、いかに「何もしていない」という印象を与えるかだと思うのですが(他のマジックでもそうなのですが、コレクターは特に)、そういう意味において、すっきりとした手順で、きれいなマジックだと思いました。お見事です。


(クリックで拡大表示)
そして、いつもながら、見せたがありの私shadowです。まずは今年のテンヨーの「プラスワンキャンペーン」の「マインドルーレット」です。原理がシンプルなだけに見せ方が難しい、そんなマジックだと思っています。「カジノのルーレット」というだけで興味を引けるので面白いマジックだとは思いますが。


(クリックで拡大表示)
毎月のように何かを追加しているような気がするiPod touchを使ったマジックです。これはTVでRYOTA氏が演じていた「MagicCamera」です。色々な見せ方があるのですが、写真は思った数字が写真に写るという現象です。数字が写っているのが見えますでしょうか。よく出来たマジックだと個人的に思ってます。


(クリックで拡大表示)
震災後、チャリティーとして、いくつかのレクチャーが販売されましたが、その中から、私が気に入ったものをいくつか演じてみました。練習不足で、後で動画見て自分で悲しくなってしまったのですが、まあ、「こういうマジックもあるよ」と紹介できただけでよしとしておきたいと思います。写真は「東北地方太平洋地震チャリティーレクチャーノート」に収録されている「ブイトール」です。面白いサンドイッチ現象だと思いました。他のチャリティーレクチャーネタも含めて4つほど演じてみました。
他にもカードマジックとしてはmML Vol.53収録のダイヤのA〜10を使った一連のルーティンを演じてみました。セットアップが必要なのが個人的に面倒ですが、「ダイヤモンド・カット・ダイヤモンド」だけでも十分受けるマジックだと思うので、レパートリーに入るといいなあと思っているところです。


(クリックで拡大表示)
珍しく私shadowがコインマジックをやっているところです。と言っても前々から練習しているコインボックスルーティンですが。こちらも後で動画を見て、悲しくなるレベルで人に見せれるレベルは遠そうです。ちゃんと練習しないと…
ちなみに、このコインボックス、構造はよくあるコインボックスなのですが、特製品です。詳細はそのうちブログででも。写真ではわかりにくいですが、よくある真鍮製ではないです。


(クリックで拡大表示)
新ネタ「フラッシュ」です。ようするにカラーチェンジングナイブなわけですが、ナイフと比べるとやっぱり違和感の無さは段違いという気がします。とりあえず、いつもの私のカラーチェンジングナイフの手順でオチだけ変えてやってみましたが悪くない感触でした。今後、うまく活用できればなと思ってます。
今回もいつもながら、内容が多岐に渡り、全部書き切れないのでこんな感じで勘弁して下さい。動画で見るといつもに比べて私のマジックの比率が下っていて、個人的にはいい傾向だなと思ってます。私自身も楽しめましたし。でも、いつもながら雑談混じりで、色々な話で盛り上がったのも間違いないです。
今回も気がつけばあっという間に時間が過ぎてました。
マジックショーで演技した皆さん、例会に参加した皆さん本当にお疲れ様でした。


気軽にメイル下さい



TOPへ