戻る

2011.2.19 第69回例会



イオンモール水戸内原にて第69回の例会を実施いたしました。参加者は順不同で、Bさん、NEZさん、Yさん、umeさん、私shadowの計5名でした。いつも通り記憶に頼っていますので、「他にこんなのもやったよ」というのがあればご連絡下さい(しかも1ヶ月も遅く)。
今回も、マジックショーを披露しました。
マジックショーはいつも通り、1Fのレストラン街の中央で行いました。今回も人集めから大変でした。そもそも、人通りそのものがない状態で、どうしたのもかという感じでした。NEZさん、Bさん、私shadowの3人が演じました。


(クリックで拡大表示)
人通りが少なく、厳しい状態でしたが、NEZさんの演技をBさんと、私shadowが見るという、サクラ状態で始めて、ふと足を止めた人をつかまえて、どうにか無理矢理マジックショーを始めました。「何かやっていう」と思うと、やはり人は足を止めやすいですし、集まってきやすいものです。いつもながら、やっているうちに人が集まるもので、最終的にはこんな感じでした、いつもに比べると明らかに人の数が少ないのですが、雰囲気は良かったと思ってます。


(クリックで拡大表示)
トップバッターのNEZさんです。まずはカードマジック。何て言うんでしょう、別のカードが観客の手の中で選んだカードに変わるマジック、2段の現象のあるサンドイッチ現象のマジックを演じました。1段だけでも十分受けるのですが、2段目はかなりインパクトありました。


(クリックで拡大表示)
続いて、得意のフォーク曲げです。写真ではよくわからないかと思いますが、かなりぐにゃぐにゃに曲がってます。いい反応がもらえて以上にいい感じでした。


(クリックで拡大表示)
2人目が私shadowです。まずはいつもの「クロノログ」です。ただ、あるアクシデントにより、うまくいかなくなり、演技は中断。「えーと、次のマジックにいきましょう」とさらりと流したつもりですが、流せかどうか。失敗は観客選びを間違えたとしか言いようがないかなと思ってます。ちょっと甘く考えてました。そういう意味ではかなりいい教訓になりました。


(クリックで拡大表示)
続いて、これも定番の「サイドウォークシャッフル」です。ただ、こちらもトラブルが。何回やってもトラブルが無くならないです。見た目はさほど問題なかったと思いますが、肝心のオチとなる3段目ができない状態になり、次のマジックにいくしかない状態になりました。いつになったらこの手のトラブル無くせるんでしょうかね。それまではいい感じできていたと思うのですが。


(クリックで拡大表示)
私の演技の最後になる「アァ・プレディクション」です。写真の瞬間がこのマジックの見せ場ですね。サッカートリックで演技が難しいと思っていますが、最近お気に入りのマジックです。反応も悪くなかったと思います。


(クリックで拡大表示)
で、最後はいつも通りBさんです。まずはこれもいつものスポンジボール。いつもながら、うまく観客とからんで、楽しい演技でした。


(クリックで拡大表示)
最後はこれもいつも通りのリンキングリングです。どんどん観客が増えていく状態で、そのアピール度はさすがだなと思いました。演技そのものはいつも通りお見事と言うしかない内容でした。

例会はいつも通り、会議室をお借りしてやりました。広い会議室をのびのびと使わさせて頂きました。が、すいません、また写真撮り忘れました。毎度本当にすいません。
いつものことですが、私の記憶している範囲で書いておきます。補足ありましたら、よろしくお願いします。今回も固定カメラで撮りっぱなしにしました。で、今回も、やっぱり動画の内容が膨大になっていて整理しきれない状態になってます。順不同で、適当にピックアップして紹介します。


(クリックで拡大表示)
Bさんのコインマジックです。現象はコインズアクロスです。まあ、何と言いますか、色々な意味で鮮やかでした。説得力があって、怪しくないきれいなコインズアクロスという印象を持ちました。


(クリックで拡大表示)
umeさんもコインマジックを。コインマジックのルーティンで、3枚のコインを消したり出したりして、その後に3FLYをやるという、なかなか難易度の高いマジックでしたが、かなりきれいに演じられているという印象を持ちました。お見事です。


(クリックで拡大表示)
Yさんは、写真の状態からして分かるように、かなり変わったマジックを見せてくれました。自作の印刷カードと風船を使ったマジックで、オチが意外というか、リアルにかなり驚きました。自作の印刷カードだけでもすごいのに、このマジックのギミックはよくできていると思いました。ここまで作り込んだのは素晴しいと思いました。


(クリックで拡大表示)
そして、私shadowです。そんなに毎月新ネタを用意できるはずもないのですが、動画を整理してみると、毎度ながら、あれこれやってますね。新ネタと呼べないものも当然ありますけど。写真はTVでMr.マリックがやったということでやってみせた「Blind Luck」です。見せ方は異なりますが、非常に巧妙で効果的なマジックだと思います。


(クリックで拡大表示)
なぜか、ふと前々から持っていた「Wow!」を活用してみようと、あれこれアイデアをもらいつつ工夫してみました。演出のアイデア、現象のアイデア、ハンドリングのアイデア等々、色々なアイデアが出て楽しかったです。少なくとも1つ実用的な手順ができましたし。


(クリックで拡大表示)
今回もiPod touchを使ったマジックをいくつか。写真は「iForce」を使ったマジックで、色々な使い方ができるアプリなのですが、写真では好きな曜日を決めてもらい、それを予言しているという現象です。iPod touchの画面がとても写真から見えませんが、「土」が表示されてます。
他にも、画面上に懐中時計を表示して行う時計マジックとか、David Brainの名前でリリースされている、原理としては既存ですが、なかなかスライハンドでは実現が難しいことをやってくれるアプリ(何のことかさっぱりわからないと思いますが…)とか使ってみました。David Brainのは絶妙に作られている感じで、色々使えそうな気がしました。


(クリックで拡大表示)
まあ、時事ネタとでも言うんでしょうか、テンヨーから発売されている「ワンピース」の登場人物が印刷された12枚のカードを使ったマジックです。このときやったのは12枚全部を使う手順ではないですが。カードに仕掛けはありますが、特殊な仕掛けではないので、説明書に書いてある手順以外にも、色々な手順が考えられそうで、登場人物をからめて、面白いマジックができそうな気がします(今のところアイデアはないですが)。「ワンピース」の人気は当分続くでしょうから、使える場面は多かろうと思ってます。


(クリックで拡大表示)
なぜか「サムカフ」です。単にTVでふじいあきら氏が演じているのを見て、そのやり方が非常い巧妙で「これなら自然にできる!」と思ったからなんですが。まあ、そこも問題だったのですが、もう1つの問題であるオチをどうするかは今も思案中です。
他にも、小ネタを含めて「オプティカルワレット」、「コンビニ」、「ニューマジックサイフ」、「リープ・オブ・フェイク」、「カーボードカメレオン」、「Nomad Pad」が動画に残ってます。「リープ・オブ・フェイク」はマックス・メイビンのDVD「マルチプリシティ」に収録されているマジックですが、色々難しいですね。まだまだ練習が必要そうです。
しかし、まあ、いつものことですが、我ながらあれこれやったものです。
今回もいつもながら、内容が多岐に渡り、全部書き切れないのでこんな感じで勘弁して下さい。あいかわらず、動画で見ると私ばかりがマジックやっているかのように見えてしまうのですが、その間に、雑談混じりで、色々な話で盛り上がったのは間違いないです。
今回も気がつけばあっという間に時間が過ぎてました。
マジックショーで演技した皆さん、例会に参加した皆さん本当にお疲れ様でした。


気軽にメイル下さい



TOPへ