戻る

2010.11.28 ひたちなか市母子寡婦福祉会Xmas会



ひたちなか市総合福祉センターで実施されたひたちなか市母子寡婦福祉会Xmas会に招待され、マジックを披露してきました。参加者は順不同で、Bさん、H.Eさん、shadowの3名でした。H.Eさんにはカメラマンをして頂きました。完全に逆光の状態で写真も動画も写りがよくありません。補正できる範囲で努力はしましたが、ご了承下さい。

(クリックで拡大表示)
会場の様子です。人数は30名程度でした。小さな子供から年配の方まで幅広い年齢層の方がおられました。
非常に反応の良い人達で、現象が起こるたびに拍手を頂き、大変マジックのやりやすい雰囲気でした。


(クリックで拡大表示)
いつものショーのパターンですが、最初にBさんがカメレオンシルクを演じました。いつもながら、観客の反応の誘導がお見事でショーがやりやすい雰囲気になりました。


(クリックで拡大表示)
続いて私shadowがいくつか(これもいつものパターン)。ますは定番のサイドウォークシャッフルです。一部、見えてはいけない物が見えたようで(注意していたつもりなのですが)、子供の低い目線は要注意と改めて思いました。最終的にはいい反応もらえて良かったと思います。


(クリックで拡大表示)
子供相手にやるマジックではないなと思いつつ、何となくやってみたかったので「プリディクト・パーフェクト(の私バージョン)」をやってみました。大人の反応は良かったですが、やっぱり子供達の反応は今いちだったような気がします。


(クリックで拡大表示)
今回初挑戦の新ネタのミリオンフラワーです。いくつかのギミックを組合せて構成してみました。そうしたギミックと組合せたところはいい反応をもらえたのですが、写真のように普通に(?)、花を出す段はやっぱり予想がつくというか、あまり不思議に見えなかったようで(ある程度覚悟はしていましたが)、ルーティンの構成そのものから見直してみようと思ってます。いい勉強になりました。最後にくす玉を出したときは、受けるというか何というか、まあ、少なくとも驚いてはくれたようです。


(クリックで拡大表示)
ここでBさんに交代です(これもいつものパターン)。まずはスポンジボールで、写真は大きなスポンジボールが出てきたところです。子供達の素直な反応が気持ちいいくらい、いい反応をもらって受けてました。


(クリックで拡大表示)
最後にBさんが、軽快な音楽に乗せて、リングのマジックを演じました。現象が起こるたびに感嘆と拍手があり、非常に受けてました。非常に鮮やかなマジックでした。
これまで何度も依頼を頂いていて、毎回、いい感じでマジックショーをやらさせて頂いてありがたい限りです。いつも、いい反応で、とってもマジックがやりやすい雰囲気で助かります。上記の通り、改善すべき点もありましたが、それなりに楽しんで頂けたのではないかと思います。
出演して下さったBさん、カメラマンをしてくれたH.Eさんお疲れ様でした。


気軽にメイル下さい



TOPへ