戻る

2010.9.18 第64回例会



イオンモール水戸内原にて第64回の例会を実施いたしました。参加者は順不同で、Bさん、NEZさん、私shadowの計3名でした。完全に常連ばかりというか固定メンバーに近い状態です。どうしたものか…。いつも通り記憶に頼っていますので、「他にこんなのもやったよ」というのがあればご連絡下さい。特に今回はかなり時間がたっているのでかなり記憶が曖昧です。
今回も、マジックショーを披露しました。
マジックショーはいつも通り、1Fのレストラン街の中央で行いました。今回も諸般の事情により「マイクなし」という厳しい状況で、人集めから大変でしたが、NEZさんがうまく人を集めてくれたのでうまくいきました。NEZさん、Bさん、私shadowの3人が演じました。今回も動画は撮影できなかったので、文章のみとなります。


(クリックで拡大表示)

今回もとにかく人通りそのものが少なくマイクもないので、非常に厳しい状況でした。そんな中、NEZさんがうまく人を集めて、どうにかショーを始められました。そして、途中から人が増えるのはいつものことなのですか、今回は本当に人通りそのものが少なく、最終的には写真のような状態で、いつもに比べると少ない状態でした。こればかりはどうにもならないですね。でも、雰囲気は良かったと思います。
トップバッターはNEZさんです。色々やられたので全部は覚え切れてないのですが、まずはカードマジックをいくつか(本当に記憶が曖昧ですいません)。最後には得意のフォーク曲げ。いつもながら、「どこまで曲げるんだ?!」状態で、いい感じで受けて盛り上がったかと思います。
続いて私shadowが演技しました。
いつも通りのサイドウォークシャッフルと、チョップカップです。演者が3人いるときは、そんなに時間もないので、私はまあ、さらりと。サイドウォークシャッフルは演じた回数は数えるのが面倒なくらいやってますが、今でも手順間違えたり、見えてはいけないものが見えたりとどきどきトラブルになります。今回もそんな感じで、何をどう反省すればいいのかという感じになってます。チョップカップはいつも通りそれなりの反応だったかと思います。手順構成は見直したいなあと思いつつ、そのままになってます。
最後はいつも通りBさんです。まずはいつものスポンジボール。安定した演技でお見事でした。元々はクロースアップの手順なのでこうした場でやるのは色々と大変なのですが、そこら辺をうまくやられているのはいつも勉強になります。
最後は完全にショーのトリとして定番のリンキングリングを雰囲気のある音楽で。いつもながらお見事で、要所要所で拍手をもらったり、いい感じで受けて終われました。

例会はいつも通り、会議室をお借りしてやりました。広い会議室をのびのびと使わさせて頂きました。が、すいません、また写真撮り忘れました。毎度本当にすいません。
いつものことですが、私の記憶している範囲で書いておきます(しかも相当時間が経っていてかなりあやふやです)。補足ありましたら、よろしくお願いします。今回も固定カメラで撮りっぱなしにしました。で、今回も、やっぱり動画の内容が膨大になっていて整理しきれない状態になってます。貴重なトークとか結構あるんですけどね。演技として成立している部分のみ写真で紹介しておきます。順不同です。今回も演技の全体の雰囲気を重視して、ちょっとカメラが引き気味で手元がよく見えてません。ご了承下さい。
今回はメンバーが完全に常連メンバーだったので、ネタ切れ感がかなりあって、演技は少な目です(その代わりにマニアックな話で盛り上がったのですが)。


(クリックで拡大表示)
Bさんが「ようやく思い出した」ということでスタックシャッフルを見せてくれました。いわゆるイカサマテクニックですね。自分のところに有利なカードを配るためのテクニックです。この後解説もしてくれたのですが、やはり複雑で、覚えたとしても、しばらくやらずにいるとすぐに忘れそうです。でも、覚えておくと、話のネタになりそうで、面白いと思いました。


(クリックで拡大表示)
この後は私shadowの写真ばかり続きます。写真は正式名称は知らないのですが、オークションで購入した、単に間にはさんだだけのお札がヒモの中に入ってしまうマジックです。地味なマジックですが、地味に不思議で、カジュアルに見せるにはいいネタかなと思いました。


(クリックで拡大表示)
新作「インスピレイション X」です。カードを覚えてもらうところも、ペンの色を決めてもらうところにも怪しさがないので、うまく演じればかなり強烈なメンタルマジックだと思います。私はかなり気に入ってます。


(クリックで拡大表示)
次も新作「ラビリンス」です。大変巧妙な原理となっており、知らないとマジシャンも引っかかると思います。が、一方で個人的に気になるところもあり、演じる場面を選ぶトリックだなと思ってます。例会では好評だったのですが。私が気になる部分を解消できるアイデアがあればいいのですが、もちろんそんなものは簡単には思い付かず、思案中です。原理が巧妙なだけに何とか活用したいなと思ってます。


(クリックで拡大表示)
ちょっと傾向を変えて、カラーチェンジングナイフです。あれこれ購入したので、型が同じで色が違うナイフが部屋に8本もある状態です。それらの何本かを組合せて手順を構成してみたので試しにやってみました。悪くはないのですが、どうにもオチが弱いという状態はあまり改善されていないようです。オチについてはもうちょっと考えてみたいと思います。
今回もいつもながら、内容が多岐に渡り、全部書き切れないのでこんな感じで勘弁して下さい。とは言え、演技として成立して、動画に撮影できていたのは上記で全部なのですが。やっぱりネタ切れな感じはします。まあ、毎月毎月新ネタがそうそうあるわけもないのですが。しかし、全部は覚えていませんが、色々な話で盛り上がったのは間違いないです。
今回も気がつけばあっという間に時間が過ぎてました。
マジックショーで演技した皆さん、例会に参加した皆さん本当にお疲れ様でした。


気軽にメイル下さい



TOPへ