戻る

2010.6.19 第61回例会



イオンモール水戸内原にて第61回の例会を実施いたしました。参加者は順不同で、Bさん、NEZさん、私shadowの計3名でした。常連メンバーというか古参のメンバーというかで、気さくにマニアックに盛り上がった感じでした(気さくなのはいつものことという気もしますが)。いつも通り記憶に頼っていますので、「他にこんなのもやったよ」というのがあればご連絡下さい。
今回も、マジックショーを披露しました。
マジックショーはいつも通り、1Fのレストラン街の中央で行いました。今回は諸般の事情により「マイクなし」という厳しい状況で、人集めから大変でしたが、何だかかんだと何とかなるもで、無事にショーとしてうまくできたと思います。NEZさん、Bさん、私shadowの3人が演じました。今回もショーの様子の写真はあるのですが、動画撮影できなかったの演技の写真はありません。ご了承下さい。


(クリックで拡大表示)

人もあまり通らないし、マイクがないから何やっているかよくわからないしという状況で、NEZさんが頑張って人をうまく集めて、どうにかショーになりました。ノボリが結構効果的だったのではないかという話もあって、作ってよかったなと思ってたりします。途中からどんどん人が増える感じで、いい反応のお客さんが多く、大変いい雰囲気で、最終的には写真のような状態でいい感じにマジックショーになりました。
最初はNEZさんです。うまく人の足を止めて、最近、お気に入りというサンドイッチ現象からフォアボフザカインドの取り出しという、2段現象がいい感じで受けてました。その他カードマジックを演じて、最後にギャグから入りつつ、お得意のフォーク曲げ。見るたびに進化しているようで、このネタへの愛着を感じます。非常に良い雰囲気になりました。
続いて私shadowが演技しました。
NEZさんの頑張りで、私はあまり頑張らなくてもいい感じだったので、「サイドウォークシャッフル」と、完全に定番のチョップカップを演じました。「サイドウォークシャッフル」は横に回り込んで、下からカードをのぞこうとする子供に苦労しながらも、どうにかうまく演じれたと思います。チョップカップは、いつも通りいい感じで無事にいい雰囲気で終われたかと思います。
最後はいつも通りBさんです。最初に何て言うんでしょう、腕を交差して手を組んで元に戻そうとして、マジシャンだけが元に戻せるというマジックから入って、いい感じでした。こういう観客全員参加型のマジックは雰囲気のいいときにうまく使うと効果的なことがよくわかりました。続いて定番のスポンジボールマジック。これもお客さんとのやり取りが絶妙で楽しいマジックになってました。
最後は完全に定番のリンキングリングを雰囲気のある音楽で。いつもながらお見事で、いつもここで人が多く集まって写真のような状態になるんですよね。

例会はいつも通り、会議室をお借りしてやりました。広い会議室をのびのびと使わさせて頂きました。が、すいません、また写真撮り忘れました。毎度本当にすいません。
いつものことですが、私の記憶している範囲で書いておきます。補足ありましたら、よろしくお願いします。今回も固定カメラで撮りっぱなしにしました。で、今回も、やっぱり動画の内容が膨大になっていて整理しきれない状態になってます。一部のみ写真で紹介しておきます。順不同です。今回も演技の全体の雰囲気を重視して、ちょっとカメラが引き気味で手元がよく見えてません。ご了承下さい。
今回は常連の3人ということで、ネタ切れが心配されたのですが、それぞれが、それぞれに新しいマジックを模索していて、何だかかんだと話は尽きずいい感じでした。


(クリックで拡大表示)
まずはBさんです。「石田天海の6枚ハンカチーフ」を演じているところです。私は初めて演技を見たマジックです。まだ練習中ということですが、確かに難易度高そうでした。技術的にもそうですが、このマジックをどう見せるかも難しそうだなと思いました。完成度の高い演技になるのを期待してます。


(クリックで拡大表示)
今回の例会で一番話題になったのが、このBさんの「トミーワンダーの2Cupルーティン」です。私自身はDVDは持ってますが、ギミックを自作する根性がなく放置状態だったのですが、Bさんがこれを自作され、写真から(少なくとも見栄えだけは)わかるように素晴しい出来で、ギミック部分もうまく作られていて、感心するしかない出来でした。演技そのものは練習中とのことで、演技を見せてもらい。改めてこのマジックの難易度の高さを認識しました。しかし、このマジックは私も大変やってみたかったマジックなのでぜひ挑戦したいと思いました。


(クリックで拡大表示)
Bさんの非常にマニアックなコインマジックです。と言うのは、私がやった「ツーカパー・ワンシルバー」を見て、その現象、つまり1枚のコインと2枚のコインの入れ換わりをレギュラーコインのみでやってみようという試みです。色の関係で見にくいですが、マットの上のチャイニーズコインは2枚です。動画で確認もしましたが、演技として成立していてさすがでした。
他にもいつもの(?)パースを使ったシルバー&カッパーはさらに現象が増えて、完成度がさらに上がっていて、このマジックに対する熱意を感じました。


(クリックで拡大表示)
さて、私shadowです。まずは最近凝っているブックテストをいくつか。3つばかり演じてみました。自分の演技の問題点が動画でしっかり確認できていい勉強になりました。写真は某所で教えてもらったブックテストで、知らない人には十分不思議に見えるだろうとコメントもらっていい感じでした。他にも話題の「マッドブック」も演じで、やっぱりかなり不思議に見えるとのことでした。この辺りは整理して、どうレバートリーに入れていくか考える必要があるなと思いました。


(クリックで拡大表示)
続いて、最近購入した「ESPチップ」です。今回は「お試し」ということで、あえて長いルーティンで演じてみましたが、やっぱり長過ぎて観客が持たないということがわかり(当たり前なんですが)、もっとすっきりとしたルーティンに整理したいと思います。「あの部分やっぱり怪しいね」という、これも想定されたコメントをもらい、それを払拭できるような演技、ルーティンを考えないといけないなと思いました。道具の携帯性がよく、使い勝手はいいと思うので、もっと練り上げたいところです。


(クリックで拡大表示)
ブログでもちょっと取り上げたポーカーデモストレーションをルーティンとして構築して演じてみました。BさんもNEZさんも幸いにして(?)動画は見てなかったとのことで、素直な感想を頂きましたが、やっぱ怪しさが残るようで、見せ方の工夫が必要なんだと確認できました。さて、どうしたものか。


(クリックで拡大表示)
最後にこの写真からはさっぱりわかりませんが、デビッド・ストーンの飲み物の入ったグラスを取り出すマジックを演じてみました。グラスがなかったので代わりにペットボトルになってますが、本当はグラスが出てくるマジックです。1つだけ出すだけならかなり簡単にできるので、ショーの合間にちょっとやるにはちょうど良いマジックだと思います。ショーに取り入れられないか構成を検討中です。
今回もいつもながら、内容が多岐に渡り、全部書ききれないのでこんな感じで勘弁して下さい。やっぱりトミーワンダーの2Cupルーティンは面白いです。ぜひ、できるようになりたいマジックですね。他にもあれやこれや、さすがに常連3人ということで、マニアックに盛り上がり、どう盛り上がったのか全部は覚えていませんが、色々な話で盛り上がったのは間違いないです。
今回も気がつけばあっという間に時間が過ぎてました。
マジックショーで演技した皆さん、例会に参加した皆さん本当にお疲れ様でした。


気軽にメイル下さい



TOPへ