戻る

2010.5.15 第60回例会



イオンモール水戸内原にて第60回の例会を実施いたしました。参加者は順不同で、Bさん、umeさん、Mさん、tsuyoshiさん、福田さん、私shadowの計6名でした。今回も福田さんが新規参加で、徐々にメンバーが増えていて嬉しい限りです。いつも通り記憶に頼っていますので、「他にこんなのもやったよ」というのがあればご連絡下さい。
今回も、マジックショーを披露しました。
マジックショーはいつも通り、1Fのレストラン街の中央で行いました。毎度ながら今回も最初どうしたものか状態でしたが、今回はumeさん相手に私shadowがマジックを見せ始めるという、いわば「サクラ」状態で始めて、立ち止まった人を捕まえてどうにか、ショーをはじめられました。Bさん、私shadowの2人が演じました。今回もショーの様子の写真はあるのですが、動画撮影できなかったの演技の写真はありません。ご了承下さい。


(クリックで拡大表示)

今回は人の増減が激しかった気がします。一気に増えたかと思うと、一気に減ったりして。そういう団体さんがいたというのはあるのですが、それ以外の人にもそういう傾向があって、うまくお客さんを引き止めておけなかったというのは反省事項かと思います。最終的には写真のような状態でいい感じにマジックショーになったのですが。
という状態で、とりあえず、私shadowが今回は最初に演技しました。
やろうと思っていたマジックの道具の1つを控え室に忘れてくるというトラブルがあったりしたものの、多めに用意したのが幸いして、どうにかなりました。
まずは上記のように捕まえたお客を離さないように、カードを引いてもらいトライアンフ(やる予定ではなかったマジックなわけですが状況的にこういうのがいいかなと)。トライアンフをやっている間にそれなりに人が集まったところで「イッツ・ア・マッチ」。前回もやりましたが、最近かなり気に入っているマジックです。まずますだったかと思います。その次は「Giant B'Wave」。自分としてはやり慣れたマジックで、こちらもまずまずだったかとと思います。最後にこれも完全に定番のチョップカップ。これもいつも通りいい感じで無事にいい雰囲気で終われたかと思います。
Bさんの演技はすいませんが、若干うろ覚えです。まずはカメレオンシルク。いつもながら、お客さんとのやり取りが絶妙で、いい感じで盛り上げ、非常に楽しめるマジックになっていたと思います。
最後は完全に定番のリンキングリングを雰囲気のある音楽で。いつもながらお見事で、いつもここで人が多く集まって写真のような状態になるんですよね。

例会はいつも通り、会議室をお借りしてやりました。広い会議室をのびのびと使わさせて頂きました。が、すいません、また写真撮り忘れました。毎度本当にすいません。
いつものことですが、私の記憶している範囲で書いておきます。補足ありましたら、よろしくお願いします。今回も固定カメラで撮りっぱなしにしました。で、今回も、やっぱり動画の内容が膨大になっていて整理しきれない状態になってます。一部のみ写真で紹介しておきます。順不同です。演技の全体の雰囲気を重視して、ちょっとカメラが引き気味で手元がよく見えてません。ご了承下さい。やっぱりバランスが難しいですね。


(クリックで拡大表示)
Mさんです。「世界で一番、卑怯なカード当て」を演じているところです。演出としては名前通りなのですが(まあ、写真の通りなわけでして)、そこで笑いを取りつつ、ちゃんとオチのあるコミカルだけどちゃんと不思議な面白いマジックでした。
Mさんは他にも、「Play It Straight」も見せてくれました。トライアンフのバリエーションとしてやっぱりいいマジックだと思いました。


(クリックで拡大表示)
前回に引き続いての参加のumeさんです。前回はパケットトリックでしたが、今回は「練習中」とのことですが、コインマジックでワンコインルーティンを見せてくれました。まだ練習すべき点はあると思いましたが、かなりやり込んでいるのがよくわかる、いい演技でした。
この後、その気になる点についてあれこれ話が出て盛り上がっていい感じでした。


(クリックで拡大表示)
毎度おなじみのBさんです。実は今回の例会ではBさんはあるギミックの製作の方に専念されていて、いつもに比べると演じたマジックは少ないのですが、コインボックスルーティンと、写真のジャンボコインのワンコインルーティンを見せてくれました。コインボックスの方は、何ともマニアックというか、難易度の高いことを繰り返していて、さすがでした。ジャンボコインのワンコインルーティンは「そもそもマニア相手にしかやらない」というだけあって、マニアックで(まあ、普通はジャンボコインはオチに出てくるだけですからね)、でも、マジックとして十分不思議で面白いですし、他に応用が効きそうな気もして勉強になりました。
他にはホットショットカットのレクチャーもしてくれました。


(クリックで拡大表示)
今回初参加の福田さんです。福田さんは「奇術探求 創刊号」に原稿を書かれた方で、なんというか世間の狭さを感じました。で、早速、写真のように「水漏れ、油漏れ」を見せて頂きました。面白い演出、言い回しが入っていて、演技力があって、文章では絶対に伝わらない面白さがありました。演技そのものにも安定感があって、「かなりやっている」感がありました。
他にも「スリーカードトリック」とか、本人いわく「マジックに狂っていた頃に考えた手順」という、非常にマニアックなマジック、AとQの入れ替わりマジック等色々見せてくれました。AとQの入れ替わりで使われていた技法は興味深く、色々応用が効きそうで面白かったです。全体的に「面白くて不思議なマジック」をしっかり実現されているのは、大変勉強になりました。
コインマジックも見せてくれました。非常にあざやかで、こちらも「かなりやっている」という印象でした。残念ながら、固定カメラのフレームに入ってなくて記録されておりませんが。
「見せたがり」と本人でおっしゃっていたので、ぜひ、今後も例会で色々なマジックを見せて頂きたいと思います。


(クリックで拡大表示)
私shadowは例によってあれやこれや。例会の動画を整理していていつも思うのですが、やっぱりやり過ぎです。まあ、何となく誰も何もやらずにいて空白の時間ができると「何かないかなあ」と探して、何かやるからなんですが。動画を整理した結果から動画の数で数えると、今回もやっぱり半分は私の演技が占めてました。皆さん、もっとマジック演じましょう。
写真はまだまだ練習中の2Cupルーティンです。写真のオチに出す物でいい物を入手したこともあって、ちょっと熱が戻ってきました。人に見せれるレベルまでもうちょっとという気がします。
他にはやっぱりメンタル中心に「ビバ!ラスベガス」とか、「Rubik Predicted」とかやったり、そうかと思うと、コインボックス(まだ練習中)をやってみたり、カラーチェンジングナイフをやってみたりと、自分自身試行しているところを本当に色々試してみたりしました。後で動画で確認すると色々と問題点が見えてくるので、いい練習になります。
今回もいつもながら、内容が多岐に渡り、逆に全部書ききれないのでこんな感じで勘弁して下さい。ホットショットカットは盛り上がりました。この手の技法は盛り上がりますね。他には今回は「特に」という話題は記憶に残っていませんが、色々な話で盛り上がったのは間違いないです。
今回も気がつけばあっという間に時間が過ぎてました。
マジックショーで演技した皆さん、例会に参加した皆さん本当にお疲れ様でした。


気軽にメイル下さい



TOPへ