戻る

2010. 3.14 TASゼミナール



今年もTASゼミナールさんのイベントに招待され、マジックを披露してきました。参加者は順不同で、NEZさん、Bさん、shadowの3名でした。3名で1時間はまあ、どうにかなるかなという感じで、いつもながらのノリの良さに助けられ、いい感じのショーになったかと思います。
もはや好例行事という感じで、毎年呼んで頂いています。毎年依頼されるのに、先生方以外は毎年新しいお客さんという非常に恵まれた環境で、やりやすくて非常に助かります。


(クリックで拡大表示)
以下の写真は動画から抽出してます。今回もカメラマンがいなかったので、三脚に固定しての撮影です。ですので、カメラアングルは適当です。ご了承下さい。代わりと言っては何ですが、今年も写真多めでお届けしたいと思います(画質が悪くて、結局何をやっているかよくわからないというのは多いのですが)。


(クリックで拡大表示)
いつも通り、オープニングはBさんにお任せしました。まずはつかみに、アピケンです。オープニングのつかみとしてはばっちりな感じでした。


(クリックで拡大表示)
続いて、軽快な音楽ののせてBさんのダンケンです。最初CDプレイヤーがうまく動作しないというトラブルがあり、間が悪くなったのですが、それを払拭する見事な演技で大受けでした。演技の見事さもさることながら、自作したというギミックのできの良さも素晴しいです。


(クリックで拡大表示)
2番手はNEZさんです。バリエーションに富んだ色々なマジックを見せてくれました。
最初はカードマジックのサンドイッチ現象です。基本的な現象ですが、最後に選ばれたカードの同じ数字の残りの3つのマークがサンドイッチされるという強力なオチをつけて非常に受けてました。


(クリックで拡大表示)
次は何て言いんでしょうか。信号マジックです。完全にサッカートリックなのですが、そこからオチに持っていくまでの話のもっていき方が重要なマジックだなと思いました。そこら辺も含めていい感じに受けてました。


(クリックで拡大表示)
続いてこれも何と説明すればいいのか。体裁としては予言マジックなのですが、オチとしてはパケットトリックな感じで、その展開の意外さが受けていたと思います。


(クリックで拡大表示)
NEZさんお得意のフォーク曲げです。やっぱり鉄板ですね。受けます。会場がどよめいてました。「曲がってる!曲がってる」と大騒ぎ。非常に受けてました。


(クリックで拡大表示)
NEZさんの最後のマジックはスベンガリです。マニアから見ると何でもないマジックですが、やっぱり古典的名作だけあって受けまくりです。やっぱり古典は大事だと再認識しました。


(クリックで拡大表示)
3人目が私shadowです。時間を結構もらえたので遠慮なくメンタルマジックを連発していました。まずは軽くインターセプト。いい感じだったかと思います。


(クリックで拡大表示)
最近サロンではほぼ定番になってきているGiant B'Waveです。まずまずの反応だったかと思います。


(クリックで拡大表示)
今回初挑戦のブックテストです。ちょうどいい本を探すのに苦労して、違和感がないように加工して、と準備していたのになかなか日の目を見なかったマジックでようやく実演できました。日の目を見なかった理由は単純で、「本2冊持ち歩くのはかさばるから」というつまらない理由だったりしますが。これもまずます。悪い反応ではなかったと思います。


(クリックで拡大表示)
最近気に入ってよくやっていうプリディクト・パーフェクトです。最後の確認の計算に想定以上に時間がかかったところは反省事項です。もうちょっと段取りよく進められるようにしたいところです。


(クリックで拡大表示)
最後はフォーシングパッドを使った予言です。起きる現象は2年前と同じで「予言が変わる」んですが、演出を変えて試してみました。前回の方が反応は良かったような気がします。その差がどこにあるのか、観客の思考はどうなっていて、どう不思議を感じているのかさらに分析が必要な気がします。前回の方が現象がわかりやすかった気がします。ただ、今回の演出の方が私好みというか「面白い」と思うので、今の方向でうまく工夫したい気がしてます。この辺りの詳細が気がむいたら私のブログの方で取り上げられたらと思います。


(クリックで拡大表示)
トリは今回もBさんです。いつもありがとうございます。大トリの前にコリをほぐすエクセサイズに見せかけたマジックです。マジシャンと同じようにはできないというタイプのマジックです。道具を使わず、こういう場で多人数に即席でできるいいマジックだと思いました。


(クリックで拡大表示)
続いてカメレオンシルクです。Bさんの定番マジックの1つで、非常に安定した演技でした。やはり最後に手が空であることを示すところはいい反応でした。


(クリックで拡大表示)
そして今回の大トリは、完全に定番のBさんのリングです。いつもながら見事さでした。我々は見慣れていますが、初めて見る人には不思議できれいなマジックだろうと思います。


ショーが終わってから、今年もTASゼミナールの皆さんと記念写真を撮らさせて頂きました。いつも思うのですが、非常に雰囲気の良い塾で、生徒さん皆さん、先生も含めて、仲が良いですし、いい雰囲気の塾だなと思います。今年もとっても楽しくマジックショーをやらさせて頂き、大変感謝しております。
今回が4回目のご依頼ということで、大変ありがたく思います。主催者の方には準備から色々お世話になりました。お土産まで頂いてありがとうございました。
お客さんにも楽しんでもらえたようでほっとしました。
非常にいい反応のお客さんのおかげもあり、ショーとしては大成功と言える結果だったと思っております。人数が多く、広くバリエーションを持たせることができたのも良かったと思います。
出演して下さった皆さんお疲れ様でした。


気軽にメイル下さい



TOPへ