戻る

2008.10.25 川島プロパン



川島プロパンさんのイベントに招待され、マジックを披露してきました。参加者は順不同で、隼さん、Uchi-Takaさん、Bさん、shadowの3名でした。いつものメンバーという感じですが、時間的にはちょうど良かった感じです。


(クリックで拡大表示)
会場の様子です。しっかりとしたステージもあり、マジックはやりやすい感じでした。子供が多かったでしが、いい感じでマジックができました。反応も悪くなかったと思います。


(クリックで拡大表示)
トップバッターはUchi-Takaさんです。ネクタイの出現、スプラッシュボトル、剣呑み、風船呑み、Snack Aliveを演じました。少しトラブルもあったものの、バラエティに富んでいて、お客さんも混じえてうまく盛り上げてうけてました。


(クリックで拡大表示)
2番目は隼さんです。いつものシルクマジックです。シルクを消して出すというシンプルなマジックで、ここまで盛り上げるのはさすがだなと思います。そういうお客さんとのやり取りは見事で安定感を感じます。


(クリックで拡大表示)
続いて私shadowです。今回はホーミングカードに初挑戦してみました。まだまだ練りが足りない気はかなりしましたが、ネタとしては悪くなく、もう少し練っていきたいなと思いました。比較的使える場面が多そうですし。あと、サイドウォークシャッフルもやりました。こちらは最後にどこかちょっと間違えたようで、ちょっと最後にもたついたのが反省点です。


(クリックで拡大表示)
トリは毎度おなじみのBさんです。今回もリングです。音楽にのせて、派手でわかりやすい現象がやはりいい反応もらえてました。いつもながらお見事です。


(クリックで拡大表示)
ステージでのショーの後、ちょっと場所をお借りして、軽くクロースアップマジックをやりました。やり始める前から、我々を見つけた子供に「マジック見せて」とか言われて、人を集める苦労なく始めることができました。
正直、子供がコントロール不能状態になっていて、かなり苦労しましたが。Uchi-Takaさん、私shadow、隼さんの3人が適当にあれこれとやりました。写真はUchi-Takaさんがカードマジックをやっているところです。アンビシャスカードでカードにサインしてもらっているのに「同じカードがあるんじゃないの?」という反応には苦笑いするしかなかったです。


(クリックで拡大表示)
私も軽く一ネタということで、久しぶりにクリスタルボックスやりました。コントロール不能状態だったので、手渡し可能なネタということで。それでも、いつでも、遠慮なく手が出てくるの大変な苦労をしました。修行が足りません。
写真はありませんが、その後に演じた隼さんは、しっかり子供のコントロールを取り戻していたので、そこは参考にさせて頂きたいと素直に思いました。
ステージから、クロースアップまでやらせて頂き、大変楽しくマジックやってきました。クロースアップはかなり適当だったので、本当に適当な状況になってましたが、ここはもうちょっと工夫したいところです。
出演した皆さんお疲れ様でした。


気軽にメイル下さい



TOPへ