戻る

2007.12.15 第一東宝ランドでのショー



第一東宝ランドに招待され、マジックを披露してきました。参加者は順不同で、Bさん、NEZさん、shadowの3名でした。今回は私shadowの入院中にお話があったので、代わりにNEZさんにショーの調整等すべてやって頂きました。ありがとうございます。


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)
会場の写真です。途中でちょっと道に迷いましたが、雰囲気としてはマジックのしやすい感じでした。
演技については、いつも通り動画から写真抽出してます。
観客は小学生で30人くらいいたでしょうか。皆さん非常に素直な反応という感じで、とってもマジックのやりやすい雰囲気でした。


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)
いつも通りオープニングはBさんにお任せしました。軽快な音楽にのせながら、写真の通り、ミリオンカード、ファンカード、アピアリングケーンとたて続けに派手なマジックを連発してました。うまく観客の注意を引き、非常に受けてました。導入としては申し分ない状態です。


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)
続いてNEZさんです。フラッシュペーパーでスティッチ出しそこから、ねじれるライターを演じてつかみばばっちりでした。その後、信号機のマジックと、ジャンポカードのマジックを演じました。信号機のマジックはお客さんとのやり取りが楽しい雰囲気でした。ジャンボカードのマジックは最後にすべてのカードが手渡し可能なので、渡された人がかなり不思議そうにカード見てました。いい雰囲気で盛り上げてとってもいい感じでした。


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)


(クリックで拡大表示)

私shadowは、デュレティーのハウス マウス(4枚のジャンボカードを使ったチーズとネズミのマジック)、クリッターニッター、紙のスプーン曲げ、シルクセレナーデを演じました。
後ろ3つはかなり演じたので、結構安定してきているかなあと自分では思っているところです。デュレティーのハウス マウスは今回初めてやりましたが、反応自体は悪くなかったと思います。最後のオチの受けが悪かったのが反省事項ですが。あと、写真からもわかる通り、示す位置が低くて後ろの人に見にくい状態になってました。以前も同じ反省があったはずなのにいかされてません。無意識にそうできるようにならないといけませんね。


(クリックで拡大表示)



(クリックで拡大表示)

ショーのトリは今回もBさんです。軽快なBGMに乗せていつもながらの見事なリングの演技でした。現象が起こるたびに歓声と拍手が起こり、非常に受けてました。
演技の後、主催者からの依頼で30分程簡単なマジックのレクチャーを行いました。科学マジックを含めて3つレクチャーしました。何をレクチャーするかは私とNEZさんで相談して決めたのですが、うまく伝わっているといいのですが。レクチャーのときにちょっと失敗してあわてましたが、レクチャー自体はうまくいったのではないかと思っております。
ショーの内容としては、観客の反応もよく、ショーとしては大成功だったと思います(今回も個人的には反省点多数ですが)。
ショーに出演された皆様お疲れ様でした。


気軽にメイル下さい



TOPへ