戻る

2007. 2. 4 ひたちなか市母子寡婦福祉会新年会



前回に引き続き2回目の依頼となる、ワークプラザ勝田で実施されたひたちなか市母子寡婦福祉会新年会に招待され、マジックを披露してきました。参加者は順不同で、まっすい〜さん、Zenさん、NEZさん、Nickyさん、shadowの5名でした。
で、いきなりお詫びですが、今回は写真がありません。何枚か撮って、「逆光だなあ」とは思っていたのですが、「後で画像処理すれば何とかなるか」と思っていたところ、何ともなりませんでした。大変申し訳ございません。申し訳ございませんが、今回は文章のみでお楽しみ下さい。
状況としては、前回と同様に和室で20名くらいにマジックを見せるという状況だったのですが、今回は参加者がクロースアップが得意な人に偏っていたこともあり、前半サロンを3人が演じ、後半は4人でテーブルホッピングという構成でやりました。

前半のサロンでは、まず、トップバッターとしてNickyさんがロープマジックを演じました。切れたり、つながったり、輪になったり、元に戻ったり、次々と起こる現象が鮮やかで不思議なマジックでした。ロープマジックの面白さを再認識しました。
2番手はまっすい〜さんが2つのマジックを演じました。1つ目は「霊を呼びます」という演出で、お客を1人呼んで、両手でその人の両目をふさぎ、回りに誰もいないのに誰かがその人の方を叩くマジックと言えば、わかる人も結構おられるかと思います。当人はかなり不思議そうにしてました。
2つ目はマコミカル・デックを演じました。定番のサッカートリックで、途中に笑いがおこり、最後にビックリという感じで予定通り(?)大受けでした。
サロンの最後は私shadowが、ディミニッシングミルクと、クリッターニッターを演じました。小さい子供がいるということで、わかりやすいネタを選んだつもりです。それなりに受けていたかと思います。

サロンが終わった後は、まっすい〜さん、Zenさん、NEZさん、私shadowの4名でテーブルホッピングのような感じでテーブルマジックを演じました。私自身も演じていたため、他の方の演技は見れていないのですが、楽しんで頂けたかと思います。1ルーティン終わったら場所を交代するという予定だったのですが、そうタイミング良く全員のルーティンが終わるわけもなく、その辺りでもたついたのは反省事項ですね。特にNEZさんは場所を交代することができず、1箇所でずっと演じる羽目になってしまいました。この辺りは今後の課題としたいと思います。
水戸マジッククラブとして、これくらいの規模のサロンマジックの依頼は前回に引き続き2回目で、今回はテーブルマジックを試しにやってみました。反省事項はあるものの、色々と勉強になりました。
今回も非常にいい反応のお客さんのおかげもあり、ショーとしては大成功と言える結果だったと思っております。
出演して下さった皆さんお疲れ様でした。


気軽にメイル下さい



TOPへ